彩りある毎日へ
明るい髪色の需要が高まる「夏」は、紫外線の影響で色持ちが難しい季節! トップスタイリスト直伝 夏の効果的なカラーのキープ方法とは?

明るい髪色の需要が高まる「夏」は、紫外線の影響で色持ちが難しい季節! トップスタイリスト直伝 夏の効果的なカラーのキープ方法とは?

夏は、ハイライトやグラデーション、ダブルカラーなどハイトーンカラーの人気が高まる季節です。いつも以上にカラーヘアを楽しむ人も多いと思いますが、紫外線の影響で髪へのダメージを受けやすい夏は、色が抜けやすい季節でもあります。

夏特有のダメージに負けず、美容院で染めた髪色を長く楽しむためには、毎日のホームケアが重要です。

人気サロン「K-two」のトップスタイリスト・奥村一輝さんから、夏の効果的な紫外線ダメージの対策法をお伺いしました。

また、カラーヘアに関する夏のお悩みにアプローチする「PROMASTER COLOR CARE」と「SOMARCA」、2つのブランドの新作アイテムを使用したカラーのキープ方法についても教えていただきました。

トップスタイリストに聞く! 夏に髪色が抜けやすい原因

髪は、紫外線を受けると重要な結合であるシスチン結合が切れ、髪内部のタンパク質の構成が変わることによって強度が低下し、髪が切れやすい状態になってしまいます。

紫外線のダメージは髪内部だけでなく、毛髪表面のキューティクルや、髪の手触りを良くする働きを担っている脂質などにも影響を及ぼすため、髪が硬くゴワゴワとした手触りに変化してしまう原因となります。

こうして紫外線によって引き起こされたダメージは、せっかくキレイに染めたヘアカラーの色持ちにも関係してきます。紫外線でダメージした髪は、カラーの色素が流出しやすい状態のため色が長続きしない傾向が、余計に髪がパサパサに感じてしまい、見た目にも影響が出てきてしまいます。

髪を紫外線ダメージから守るための対策とは?

まずは、外出時はなるべく帽子をかぶるようにしましょう。日々使用するヘアケアアイテムに関しては、紫外線カット効果のあるものを選ぶことも大切です。

外出時は紫外線カット効果のある洗い流さないトリートメント等で髪を守りつつ、紫外線を浴びてしまった髪には、マイルドな洗浄力のシャンプーや髪内部へのアプローチができるトリートメント等を使ってケアしましょう。

夏特有の色抜けにW使いで集中アプローチ! PROMASTER COLOR CAREとSOMARCAの効果的な使い方

カラーによって髪の内部は不均一なダメージが引き起こされますが、夏は強い紫外線の影響でその損傷を加速させます。傷んだ髪は自己再生ができないため、カラーヘアによるダメージ補修に特化したアイテムでケアすることが大切です。

サロン専売品を取り扱う「hoyu professional」のヘアケアブランド「PROMASTER COLOR CARE(プロマスターカラーケア)」は、ヘアカラー特有のダメージケアに特化しています。

髪を内部からしっかりと補修することで、カラー後のツヤや色を保ちやすい状態に導きます。シリーズ内のアウトバストリートメントは、UVダメージケア効果が含まれているため、外出前に使用するのもおすすめです。

プロマスターカラーケア<カーミー>

併用してカラーシャンプーを定期的に取り入れることで、色味をより長く楽しむことができます。5色の中から選べる「SOMARCA」は染まりの良さが特徴で、3日に1回程度の使用でしっかりと色味を補充することができます。

ソマルカ<パープル>

『ダメージ補修』と『色補充』のWアプローチで、夏こそきれいな髪色を長く楽しみましょう!

奥村 一輝さん

ヘアスタイル提案

奥村 一輝さん

K-two Esola IKEBUKURO 代表。
青山・銀座店代表を経て池袋店をOPEN。
K-two全店人気1位で、年間4,500名を担当するトップスタイリスト。
シャンプー・カラーの開発や、国内外で小顔カットセミナーも行う美容のプロ。

​プロマスターカラーケア取扱いサロン(一部例)

プロマスターカラーケア

​ソマルカ カラーシャンプー カラーチャージ 取扱いサロン(一部例)

ソマルカ カラーシャンプー カラーチャージ

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!