彩りある毎日へ
image article

ヘアカラーメーカーのマーケティング担当者に聞くVol.6 白髪染めやってみようかな? でも誰にもバレたくない 編

白髪染めの市販品シェア№1のヘアカラーメーカー「ホーユー」で20年以上、販売、企画、広告宣伝に従事してきた狩谷 崇さんに、女性の白髪に対する悩みについてうかがいました。
今回は、「白髪染めを使ってみようと決心したけど、人には知られたくない…」という白髪染めに対する不安についてお話いただきました。
※(株)インテージ/SRI/ヘアカラー市場/1995年4月〜2020年3月/販売金額

白髪と直面することは女性にとって大きなストレス

image article content

40代前半女性の8割に白髪が生えているそうですが、「私、白髪を染めているの」とオープンに話す方は少ない気がしています。

狩谷さん
白髪染めを使うと決めた後でも白髪染めのマイナスイメージがつきまとうようで、染めていることを内緒にしたいという方が多いですね。

自分に白髪が増えてきたという現実は受け入れつつも、「白髪染めを使う自分」というのはすぐに認められるものではないようです。

慣れるまで数年かかる人もいるぐらい、女性にとって白髪と向き合うことは大きなストレスなのだと思います。

なるほど。そうなると、白髪染めを買うこと自体もストレスになりかねませんね。

狩谷さん
はい、「売り場で手に取っているところを見られたくない」「レジを早く通り過ぎたい」という方がいらっしゃいます。

白髪染めを手に取りづらい理由として、どんな意見があるのでしょう?

狩谷さん
パッケージがオバさんくさくて気持ちが萎えるという、残念なお話を聞いたことがあります。

でも今はオシャレ染め(黒髪用ヘアカラー)との違いがわからないくらい、スタイリッシュでカラフルなパッケージの白髪染めもたくさんあります。パッケージに白髪用という表記がありますので、見つけてみてくださいね。

染めた後はキレイな髪色で気分もアップ!

image article content

白髪染めを購入する時のストレスを軽減するにはどんな方法がありますか?

狩谷さん
メーカーのサイトなどでチェックして、先に買うものを決めておくと、店頭で選ぶ時間が減らせると思います。

気に入ったものがあれば多めに買い、ストックしておくと急に染めたくなったときにも役立ちますし、買いに行く頻度も減るのでオススメです。
インターネットで購入するのもひとつの手でしょう。

なるほど! このほか、白髪染めを買う際に少しでも気が楽になる考え方があれば教えてください。

狩谷さん
白髪染めは白髪を隠すには一番効果的ですし、髪をオシャレな色に変えることもできます。
オシャレになったご自分を想像しながら白髪染めを手に取っていただくと、ポジティブな気持ちになれるかもしれません。

カラーバリエーションも豊富にありますので、ぜひ下の「こちらのサイトも参考に!」もチェックしてみてください。

こちらのサイトも参考に!

image profile

回答

狩谷 崇さん

ホーユー株式会社 商品企画室 デジタル開発課
ヘアカラーメーカー「ホーユー」で20年以上、販売、企画、広告宣伝に従事

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!

あわせて読みたい!