彩りある毎日へ
feature image

ヘアカラーメーカーのマーケティング担当者に聞くVol.4 白髪対策どうしよう「白髪染めを使うと髪が傷む!?」編

白髪染めの市販品シェアNo.1のヘアカラーメーカー「ホーユー」で20年以上、販売、企画、広告宣伝に従事してきた狩谷崇さんに、女性の白髪に対する悩みについてうかがいました。今回は、「白髪染めを使ってみたいけど、あまりよいイメージがなく踏み切れない…」という白髪染めに対する不安についてお話いただきました。
※(株)インテージ/SRI/ヘアカラー市場/1995年4月〜2020年3月/販売金額

染毛後にきちんとケアをすれば、白髪染めをしても髪は傷みにくい

白髪の量が増え始め、白髪染めが必要だと感じているのに踏み切れないという方もいるそうですね。

狩谷さん
はい。白髪染めは白髪対策の中でとても有効な対策なのですが、白髪染めに対してマイナスの先入観をお持ちで、なかなか踏み切れない方がいらっしゃいます。

よく耳にするのは市販の白髪染めは「髪が傷みそう」とか「悪い成分が入っているのでは」という不安です。
肌が弱い方の中には「アレルギーや肌荒れを起こしそう」と、心配される方もいらっしゃいます。

あとは、ニオイがキツイというイメージを持つ方もいるようです。

市販の白髪染めを使うと、本当に髪は傷んでしまうのでしょうか?

狩谷さん
市販品だから髪が傷むということはありません。

ヘアカラーには髪のキューティクルを開く作用があります。開いた状態のまま放置するのは髪がデリケートな状態になるため、確かによくありません。

でも、専用のトリートメントが同封されている商品も多くあります。そういったもので適切なケアをすれば、白髪染めをしても健やかな髪を保つことができるんですよ。

また、一般的な白髪染めは「ヘアカラー」として販売されていますが、これ以外にもより髪に負担の少ないヘアマニキュアやカラートリートメント、一時着色料というものもあります。気になる方はそういったものを使っていただくのも手だと思います。

アレルギー対策の方法はどうすればいいですか?

狩谷さん
アレルギー対策の方法としては、トラブルを未然に防ぐためにパッチテスト(皮膚試験)は、毎回必ず行ってください。白髪染めの説明書にはパッチテストの方法が詳しく書かれており、テストによりお肌への影響を確認できるようになっています。

パッチテストに関して詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

ヘアカラーによるかぶれと皮膚アレルギー試験 (パッチテスト)(ホーユー株式会社「はじめて染める方へ」)

こちらの記事で解決!

今の白髪染めは昔のようなニオイもしない!先入観にとらわれないで

image

先ほど、ニオイが強いという先入観を持つ方が多いとのお話がありました。

狩谷さん
はい。昔の白髪用のヘアカラーは液状で、ツンとした揮発臭が強かったんです。
おばあちゃんやお母さんが使っていたニオイを覚えている方がいらっしゃるのかもしれませんね。

しかし、最近はニオイを抑えたものや、香りづけしてあるものなど、ニオイが気にならないようなものが増えているんですよ。

白髪染めもどんどん進化しているのですね! 最後に白髪染めを初めて使う方にアドバイスをお願いいたします。

狩谷さん
先入観にとらわれず、ぜひトライしていただきたいですね。

そして染める前には、しっかり説明書をお読みいただき、パッチテストも必ず行ってください。

髪の傷みが気になる方ならヘアマニキュア、ニオイが気になる方は無香料のものなど、ご自身の悩みに応じて選び、一度試していただきたいなと思います。実際に使ってみると案外気にならないかもしれません。

ぜひご自分に合ったアイテムを見つけてみてください。

あなたにあったホーユー商品を簡単検索(ホーユー株式会社「一般向け商品」)

こちらの記事で解決!

image profile

回答

狩谷崇さん

ホーユー株式会社 商品企画室 デジタル開発課
ヘアカラーメーカー「ホーユー」で20年以上、販売、企画、広報宣伝に従事

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!

あわせて読みたい!