彩りある毎日へ

ヘアカラーメーカーのマーケティング担当者に聞くVol.2 白髪発見のショック! オシャレなヘアスタイルや髪色ができない! 編

市販品ヘアカラーシェアNo.1のホーユー株式会社で20年以上、カラーリング剤の販売、企画、広告宣伝に従事してきた狩谷 崇さんに、女性の白髪に対する悩みについてうかがいました。今回は、白髪を発見したときに頭に浮かぶ「もう、流行りのオシャレはあきらめないといけないの?」という思いについてです。
※(株)インテージ/SRI/ヘアカラー市場/1995年4月〜2020年3月/販売金額

白髪があると好きなヘアスタイルができない‼

白髪を発見した事で、オシャレに関して悩む方も多いそうですね。

狩谷さん
はい、今まで楽しんできた髪のオシャレができなくなってしまうのではという不安を感じる方がいらっしゃいます。季節や流行に合わせてヘアスタイルやヘアカラーを変えてきたオシャレに敏感な人ほど、その楽しみが制限されてしまうのではないかと心配されるようです。

ヘアスタイルでは、どんな事を気にする方が多いのでしょうか?

狩谷さん
例えば、生え際に白髪が目立つ方の場合、センターパートやポンパドール(前髪をふんわりと頭のてっぺんでまとめたスタイル)など、おでこを出すヘアスタイルはちょっと… と思われるようです。また分け目も白髪が目立ちやすいので、どんなヘアスタイルにすればいいのかと悩まれる方が多くいます。朝、せっかくスタイリングをしても白髪をうまくカバーできず、気分が下がるというお声もよく耳にします。

こちらの記事で解決!

白髪が生えても「髪のオシャレ」は楽しめる‼

髪の色について悩む方も多いそうですね。

狩谷さん
白髪染めは暗い色しかなく、今までのように明るい色は選べないのではないかとがっかりしている方や、明るい色では白髪がきちんと染まらないのではないかと心配されている方がいます。「したい髪色があるのに、白髪のせいで制約が生まれてしまった」と感じていらっしゃるんですね。

女性にとってオシャレの幅が狭くなるのはさみしいですよね。何か対策はありますか?

狩谷さん
はい。いくつかご提案できる対策がありますので、白髪が生えたからと言ってオシャレをあきらめる必要はありません。「白髪染め=黒」というのは昔のことです。今はカラーバリエーションも増えているので、明るい髪色にも挑戦できるんですよ。また白髪が目立ちにくいヘアスタイルやアレンジ術もありますので、気になるときは試してみてはいかがでしょうか。

白髪をオシャレのきっかけ(サイン)と捉えて新しいヘアアレンジや、髪色に挑戦してみるなど、「変化を味方にする」考え方をしてみませんか?

こちらの記事で解決!

回答

狩谷 崇さん

ホーユー株式会社 商品企画室 デジタル開発課
ヘアカラーメーカー「ホーユー」で20年以上、販売、企画、広告宣伝に従事

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!

あわせて読みたい!