彩りある毎日へ

白髪もアッシュやラベンダーカラーでオシャレに!2020春夏大人の女性におすすめの髪色のトレンドカラー3選

白髪のカラーリングには暗い色しか選択肢がないと思っていませんか。ヘアカラー剤の進化や施術方法のバリエーションが増えたことで、白髪が生えてきてもおしゃれな髪色やデザインが楽しめるようになりました。

そこで、白髪対策もバッチリできる2020年春夏に注目のヘアカラーを、カラーリング技術が高いと人気のヘアサロン『クレドガーデン』の日野 通さんにアドバイスしてもらいました。

透明感引き出す「ブルーアッシュ」

トップに飛び出している2~3本の白髪が気になる加納光子さん。

2020年のトレンドカラーは「クラシック・ブルー」。今年ブルー系は大注目カラーです。

そこで落ち着きのあるエレガントなブルーを髪色にも取り入れてみてはいかがでしょうか。ブルーは日本人特有の髪の赤みをおさえて透明感を引き出してくれる色。「ブルーなんて派手じゃない?」と心配される方もいると思いますが、ベースをアッシュブラウンにし、極細に入れたハイライトにブルーをのせた「ブルーアッシュ」なら大人のこなれ感を演出できます。

こんな人におすすめ!

  • 品のあるモードスタイルを好む人
  • 髪の赤み、黄みが気になる人
  • 白髪が顔周りに目立つ人

ブルーアッシュで染めてみました

トップに飛び出している2~3本の白髪が気になる加納光子さん。白髪を隠すのではなく、周りに細かくブリーチを入れダミーの白髪をつくり、なじませることで目立たなくする作戦です。

ブリーチ以外の髪は茶系ベースのアッシュで染めます。根元は白髪がしっかり染まるように白髪染めに、残りはおしゃれ染めにして髪へのダメージを極力抑えるようにしています。ブリーチをしたところには、ダメージが少ないトナーカラー(※注)でブルーをオン。

ブリーチをすることで白髪が伸びてきても悪目立ちせず、頻繁にカラーをしなくてもいいので髪へのダメージが軽減できます。また、コントラストがつくのでペタンとしやすい髪でも立体的に見えるのがいいところ。ベースとの差をどれくらいつけるかは好みによるので、担当の美容師さんと相談をしながら決めてください。

Before

After

【スワイプ&ドラックで360°View】スマートフォンやタブレットでご覧の方は“スワイプ”、PCでご覧の方は“ドラッグ”することで閲覧できます

気になっていた白髪もなじんで目立たなくなりました。ブリーチをしたハイライトで顔まわりが明るくなり、くすみがちだった肌もトーンアップしたみたい。ベーシックなファッションでもおしゃれに見えます!(加納光子さん)

オーダーのポイント

  • 白髪を生かしたいので極細のハイライトを入れてほしい
  • ハイライトは顔まわりを中心にしてほしい
  • 白髪染めは根元だけで残りはおしゃれ染めに

ヘルシーな色気を楽しむ「オリーブベージュ」

白髪カバーでハイライトを何度も入れたため、髪が全体的に明るくなっている吉井柚華さん。

ファッション界でも「サスティナブル」や「エシカル」がキーワード。自然をモチーフにしたプリントや天然素材を使ったアイテムが2020年春夏のトレンドです。その流れでベージュやオリーブなどのアースカラーも注目の的。

ヘアカラーでも人気が高く、春夏ファッションともマッチするのがオリーブベージュです。肌なじみもよく、ヘアカラーを繰り返して明るくなった髪を落ち着かせるのにも適しています。ハイ&ローライトをプラスすることで、ヘルシーな色気も楽しめますよ。

こんな人におすすめ!

  • カラーを繰り返し色抜けがある人
  • やわらかい透明感が欲しい人
  • カッコよさと色気を両立させたい人

オリーブベージュで染めてみました

白髪カバーをするためにハイライトを何度も入れたため、全体的に明るくなっている吉井柚華さん。現状のハイライトを生かしつつ、ローライトを入れて全体の明るさを調整。ハイライトは顔まわりを多めにし、後ろにいくほど少なくしてグラデーションにしています。根元をはずすのも今っぽく仕上がるポイントのひとつ。

ベースはくすみのあるオリーブカラーをオン。根元はブルー系を、毛先はバイオレット系をほんの少しプラスしています。

仕上げにシャンプー台でモノトーンのトナー(※注)をなじませ、全体の色みを調整。

ハイライトの繰り返しでギラついていた髪にやわらかい透明感が戻ってきました。ハイライトは白髪の量やヘアスタイルによって調整をしてください。

Before

After

【スワイプ&ドラックで360°View】スマートフォンやタブレットでご覧の方は“スワイプ”、PCでご覧の方は“ドラッグ”することで閲覧できます

ローライトを入れることでぐっと引き締まり、カッコいいショートスタイルになりました。分け目を変えることで、ハイライトの見え方が変わるのもおしゃれ。髪の赤みが出やすいので、オリーブでしっかりと抑えてもらえて大満足です。(吉井柚華さん)

オーダーのポイント

  • 明るくなった髪色を落ち着かせたい
  • 髪の赤みをおさえるオリーブカラーに
  • グラデーションになるハイライトを入れたい

実はどんな人にも合わせやすい「ラベンダー」

せっかく髪を染めても色が抜けやすいのが悩みの山岡葵さん。

春になるとパステルカラーをまといたくなりますよね。ファッションでもパステルカラーが豊作で、メイクではパープル系がこの春のトレンドのひとつです。ヘアカラーでは、ラベンダーやバイオレットなどの青紫の注目度がアップ。

寒色と暖色の中間色なので、どんな人にも似合わせやすく色持ちもいいのが特徴。黄ばみを防ぎ、髪のツヤも高まるのでパサつきが気になる大人女性におすすめのカラーです。

こんな人におすすめ!

  • 髪にツヤが欲しい人
  • フェミニンな雰囲気を好む人
  • 白髪染めが初めての人

ラベンダーで染めてみました

色が抜けやすく1カ月に1回のペースでヘアカラーをしている山岡葵さん。白髪は内側に生えていてあまり目立たないので、ハイライトは入れずにラベンダーをワンメイク。白髪が気になる根元部分はしっかり染まるように白髪染めを、残りはおしゃれ染めでラベンダーをオン。

山岡さんは色が抜けて明るくなりやすいので、8~9レベルの自然な明るさにしています。髪の明るさは元の髪色にも左右されるので、希望の仕上がりイメージを画像で示すと「明るすぎた」「暗すぎた」というズレがなくなります。

Before

After

【スワイプ&ドラックで360°View】スマートフォンやタブレットでご覧の方は“スワイプ”、PCでご覧の方は“ドラッグ”することで閲覧できます

髪のツヤってここまで出るの!?というくらいツヤツヤで驚きです。ラベンダーというと赤っぽくなるのかなと心配でしたが、赤みも気にならずとってもきれい。ハイライトを入れていないのに抜け感があり、ゆるふわなヘアスタイルにも似合いそうですね(山岡葵さん)

オーダーのポイント

  • 根元はしっかりと染めたい
  • 髪にツヤとやわらかさが欲しい
  • 毛先のダメージは抑えたい

白髪の状態やなりたいイメージごとに、おすすめのカラーは異なるんですね。

トレンドカラーで白髪染めをして、髪から春の気分を呼び込んでみませんか。髪がキレイに染まると、気持ちも前向きになれそう。

白髪が生えているからこそ楽しめるカラーリングで、この春は髪のおしゃれを楽しんでくださいね。

※注:トナーとはシャンプー台で色味だけを入れるカラーリングのことを言います。

カラーリング提案

日野 通さん(クレドガーデン)

東京、千葉、埼玉、海外などに20店舗以上を展開する美容室・クレドガーデングループのフランチャイズオーナーとして5店舗を経営。サロンワークのほか、国内外でカラーやカットの技術講習を行っている。「全ての美容師さんに有益な情報を」をモットーにYouTubeで動画を配信。

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!

あわせて読みたい!