彩りある毎日へ
鏡を見て生え際の抜け毛に悩む女性

最近抜け毛が多いと感じる原因は在宅勤務? 対策方法はある?

毎日掃除していても、床に落ちている髪の毛。しかもリモートワークが増えてから、より頻繁に家の中に落ちている髪の毛が目につくような気がしませんか。

『抜け毛が増えてきているのでは?』と気になるほか、どれだけ掃除してもきりがないように思えている女性も少なくないのではないでしょうか?

今回は、隙間時間でお掃除ができる便利アイテムや簡単にできる抜け毛対策をご紹介します。

1日に抜ける髪の毛は意外と多い

頭を抱える女性の後ろ姿

抜け毛は1日100本前後なら適正範囲です。前日に忙しくてシャワーを浴びられなかった時にはそれ以上抜けているように感じられますが、前日に落ちなかった髪の毛も含まれているのであまり心配しすぎないようにしましょう。

髪を洗っている時や、ドライヤーで髪を乾かす時、寝ている間など髪が抜ける状況や場所はいろいろありますよね。

最も多いのは髪を洗っている時ですが、これはすべてシャンプーしている時に抜けるというわけではありません。

日中に抜けた髪の中には、ほかの髪に埋もれたまま頭部に残っているものもあり、シャンプー時に出てくるため髪がたくさん抜けているように感じられるそうです。

それだけ、日中には多くの髪が抜け落ちているということですね。

季節または個人差もありますが、1日に抜ける人間の髪の量は意外と多く50本~100本程度と言われています。

正常な範囲でそれだけの量なのですから、家の中のあちこちに髪の毛が落ちていても不思議ではありませんよね。

また、最近は外出を控えたりリモートワークで仕事をしたりと、家にいる時間も多くなっています。

今までは外で抜け落ちていた髪の毛も必然的に家の中に落ちる機会が多くなっていますし、家にいる時間が増えたため家の中に落ちている髪の毛を見る機会も増えているとも考えられるでしょう。

床に落ちた髪は隙間時間で掃除が○

掃除機を片手に立つ女性

1日に100本もの髪の毛が抜けるのが当たり前でも、家のあちこちで目につくとやはり気持ちの良いものではありませんし、抜け毛が多い…と気になってしまいますよね。

また、髪の毛に付着した皮脂はダニの格好のエサでもありますので、なるべく放っておきたくないものです。

けれども、1日に何度も掃除機を出してきて床に落ちた髪の毛を掃除するというのは手間がかかって面倒ですし、掃除機も毎日かけられるとは限りませんよね。

そこでおすすめしたいのは、フロア用ワイパーとガムテープとゴム手袋。粘着クリーナーがなくてもこの3つの便利アイテムを使えば隙間時間に簡単にお掃除ができちゃいます。

フロア用ワイパー

床にサッと滑らせるだけで簡単に掃除でき、音の心配もないので集合住宅でも時間帯を気にせず使えます。軽く持ち運びやすく、フローリングの床や洗面所、トイレのクッションフロアや畳の和室まで、家全体の床に広く使えますので常用したいですね。

髪の毛やホコリ・細かいゴミなどを取るためには、ウェットでは床にへばりついてしまうので、ドライタイプのシートを選びましょう。

粘着クリーナーがない時はガムテープで代用

粘着 クリーナーがなければ、ガムテープや養生テープを輪にして代用できます。長い髪の場合、粘着クリーナーのシートをはがしにくくなることもありますが、ガムテープならそのまま捨てるのだけなので、意外と使いやすいですよ。

ゴム手袋

カーペットは、粘着クリーナー以外にも水仕事用のゴム手袋を使って髪の毛を取ることができます。ゴム手袋を装着してカーペットをなでると、ゴムとの摩擦で髪の毛やホコリが少しずつ集まってきますので、まとまったところでつまんで捨てればOKです。

手袋は繰り返し使えますので余分なゴミも出ず、環境にもやさしいですね。また、掃除をしよう! というのではなく、テレビを見ながらでも気軽に掃除できるのも高ポイントです。

髪の毛を落とさない工夫で抜け毛の心配とおさらば!?

髪をブラッシングする女性

ブラッシングは優しくしましょう。

シャンプー前のブラッシングには、髪についたホコリやフケなどの汚れを取り除いてくれる効果があります。また、髪がもつれにくくなるためシャンプー時には指通りが良くなり髪に負担をかけにくくなるでしょう。

1日に抜ける髪の毛が100本もあるのには驚きますが、それが毎日積み重なると掃除が大変になるのには納得がいきますよね。

抜け毛が起きるのは正常なことなので止めることはできません。それならば、なるべく床に髪の毛を落とさないよう工夫してみましょう。

まずできるのが、まとめ髪。日中のヘアスタイルをまとめ髪にしてみませんか。

ヘアアクセサリーを使ってまとめておけば、床に落ちる抜け毛の数を減らせますよ。

その次は、ブラッシング。朝・夜の2回、または朝・昼・夜の3回ブラッシングをすれば、抜け毛をブラシでからめとることができます。

1日2,3回のブラッシングは、髪に潤いや美しいツヤを与え、頭皮も刺激されて薄毛・白髪の予防も期待できます。

「最近抜け毛が増えてきたかも?」と気になっていても、大抵の場合は自宅での時間と比例して抜け毛が増えたと感じるだけです。また、家にいる時間が長いと見過ごしていた床の汚れに気が付きやすいということもあるでしょう。

髪の毛を落とさない工夫と隙間時間の簡単お掃除。自分の抜け毛が気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!