彩りある毎日へ

できれば白髪を増やしたくない!食事やライフスタイルの注意点は?

はじめて白髪を見つけた時はとてもショックで、急に歳をとったように感じてしまいますよね。放っておくとどんどん増えてくる白髪ですが、なんとか白髪を改善したり、増えるのを遅らせる白髪対策はないのでしょうか?

食事ではどんな栄養を取ったらいいの?ストレス対策や眼精疲労ケアや頭皮ケアなど、何をするのがおすすめ?毎日の暮らしの中で白髪を改善・予防できることを Q&A方式で一緒に考えてみましょう。

Q1. 髪に良い食べ物って? 白髪を増やさない食べものってあるの?

A. 残念ながら、「これさえ食べれば絶対に白髪が増えない!」という食べ物は、現時点では見つかっていないんです。

ツヤツヤとした髪を育むには、カラダの中から健康になるのがいちばん。特定の食品ばかり食べ続けるのではなく、毎日バランスの良い食事を取るのがおすすめです。でも、一口に「バランスの良い食事」といっても、少しイメージしにくいかもしれませんね。そこで、髪に良いとされる栄養について、順番にご説明します。美味しく食べて、髪も身体も健康的に美しく!

健康で丈夫な髪を作る栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」

ここで質問!「髪は何からできているでしょう」。正解は…そうタンパク質(ケラチン)です。健康で丈夫な髪を育むには、良質なタンパク質を取ることが大事なんですね。タンパク質を多く含む食材には、乳製品、肉類、魚介類、卵、大豆類などがあります。

それから、亜鉛も健康的な髪作りに一役買ってくれる存在。亜鉛を多く含む食材は、牡蠣、海藻類、レバー、肉類 (赤身)、ナッツ類、大豆、ごま、ほうれん草などがあります。亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると体内に吸収されやすくもなりますよ。生牡蠣や牡蠣フライにレモンをキュッ!美味しいだけでなく、栄養を吸収する上でもメリットがあったとは嬉しいですね。

肉類(赤身)、魚、大豆、ナッツはビタミンBやビタミンEも豊富。どちらのビタミンも健康な髪を育てるのに欠かせない存在です。もちろん、緑黄色野菜にもビタミンはたっぷりと含まれていますので、毎食欠かさずに食べるのがおすすめです。

黒々とした髪を作る栄養素は「カルシウム」や「銅」

髪に色をつける存在が色素細胞。この色素細胞を活発にしてくれるのが、カルシウムです。

実は、日本人の多くがカルシウム不足だって、ご存知ですか?

髪のためはもちろん、健康のためにもカルシウムは毎日取りたいもの。乳製品、小魚、海藻類、大豆、ゴマ、大根やカブの葉、小松菜などを、積極的に食べてみましょう。

もう一つ、黒い髪に欠かせない栄養素が銅。聞き馴染みがない栄養素かもしれませんが、メラニン色素を作る酵素は銅イオンと結びつくことで効果を発揮するんですって。銅を多く含む食材は、牡蠣、イカ、干しエビ、レバー、ナッツ類、大豆、えごまなど。ナッツ類は、腹持ちもよいので小腹が減ったときのおやつがわりにもおすすめです。

Q2. ライフスタイルの中で白髪を増やさないためにできることはある?

A. 白髪ができるメカニズムはまだまだ解明されていないことが多いのですが、加齢や遺伝といった要因に加えて、生活習慣やストレスとも関係していると言われています。

でも、いくら白髪を増やしたくないからといって、ストレスと無縁ではいられないのが現実。毎日リラックスタイムを設けるなど、ストレスをこまめに解消するのがおすすめです。そこで、忙しい方でも取り入れやすいストレス解消法を順にご紹介。「出来そう!」と思うものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

一日の終わりに瞑想やヨガでリラックス

手軽にできるリラックス法の一つが「瞑想」。何も考えずに、ゆったりと呼吸の音に意識を傾けるだけで、睡眠の質を高めてくれます。一日の終わりに、お風呂上がりなどに試してみるといいでしょう。体を動かすのが好きな人は「ヨガ」などもおすすめ。

つぼ押しやアロマテラピーで眼精疲労を解消

日中に目を酷使する人は、眼精疲労=目の疲れを解消するだけでもかなりリラックスできるはず。目の上に蒸しタオルを置いたり、眼精疲労に効果的なツボを押してみてはいかが。

よく知られているのは、セイメイというつぼ。鼻をつまむように鼻の奥(セイメイ)を、少しずつ指圧することで、眼の疲れには効果があります。また、寝る前や、仕事や勉強の合間に好きな香りを取り込むことでストレス発散に繋がる「アロマテラピー」を取り入れるのもいいでしょう。

スマホやパソコンから離れる時間を持つ

「ネット依存症」という言葉を聞いたことはありませんか。ネット依存症とはネットやSNSの浸透でパソコンやスマートフォンなどが手放せなくなってしまい、四六時中デジタル機器に接していないと、イライラしたり不安を感じてしまう現代病の一つです。

最近では『デジタルデトックス』というキーワードが注目されていますが、それだけデジタル機器が私たちの生活に深く入り込み、ストレスを与えていると考えられます。また、パソコンやスマートフォンの長時間使用による眼精疲労や肩こりといった、カラダへの影響も軽視できません。1日数時間はスマートフォンなどの電子端末から離れて、自分のココロとカラダに向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

Q3. 紫外線対策は行ったほうがいいの?

A. 「強い紫外線が肌にダメージをあたえる」ということが知られているため、白髪にもよくなさそうと思う方も多いかもしれません。でも、紫外線と白髪の関係は、実はまだ解明されていないとか。よほど髪が薄くないと、毛包にある色素幹細胞まで紫外線の影響は及ばないようです。

ただし、白髪染めを行った髪の場合は紫外線によって色素の一部が変化して、変色が起こることがあります。とくに影響を受けやすいのは、寒色系のヘアカラー (マット系やアッシュ系) です。白髪染めをした後は、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

Q4. 頭皮マッサージなどはしたほうがいいの?

A. 最近は美容室メニューとしてだけでなく、自宅で実行している人も多い頭皮マッサージ。白髪の改善や予防、対策になるかというと、残念ながら直接的な効果はなし。でも、マッサージを行うことで頭皮の血行が促進。その結果、目の疲れが癒やされたり、リラックスすることができたという方も多いはず。

爪を立てたり、力を入れすぎるのはマイナス効果。シャンプータイムなどに、自分が気持ちよいと感じられるほどよい力加減で試してみてくださいね。

今日もお読みいただいて、
ありがとうございます!
LICOLOにひとこと、お願いします!

あわせて読みたい!